遊蟲喰蟲呑蟲・饗宴

抑えきれない蟲と寄り添い、そして戦う。





スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

詠み人: スポンサードリンク |-|-





嘘のような話ほど真実であることが多い

なにせ三十年前の思い出話なので登場人物は古いです。

 

二十代前半の頃、複数の男女でカラオケボックスに行ったのですよ。

で、持ち歌なんか歌っていたわけですが、その中で一人の女性。

見た目がおばちゃん。二十代なのにおばちゃん。

林真理子氏がロングヘアーにした感じのおばちゃん。

 

得意なんですぅと歌ったのが松田聖子。

もうね、上手いとかいう次元を超えているの。

目を瞑って聞いていると手の届くすぐ側に松田聖子がいる、そんな感じ。

でも目を開けるとロング真理子。このギャップ。

 

いやー本当にスゴイねぇ、とみんなで感心していたのですがその帰り道。

ロング真理子がぽつりと呟いた。

 

「私が歌うといっつもみんな寝てまうねん」

 

あー全員目を瞑って聞いていたのね…。

詠み人: てちてち 08:31comments(0)trackbacks(0)





スポンサーサイト

詠み人: スポンサードリンク 08:31 |-|-


この記事に対するご意見











この記事の参照URL
http://tezt.jugem.cc/trackback/3441